ナゼ、埋没毛になってしまうの?その原因と対策について

埋没毛は原因と対策を知れば改善できる!

埋没毛の原因はカミソリや毛抜きなどの自己処理で肌や毛穴が傷つくことです。カミソリはスピーディーに脱毛をすることができますが肌表面も削ってしまうためダメージが大きいです。

 

ちょっとした毛が気になる時に便利な毛抜きも、毛を引き抜く時に毛穴に負担がかかって炎症を起こします。

 

ダメージを受けると肌や毛穴の角質が分厚くなることで新しい毛が正常に生えるのを妨害します。毛はまっすぐ伸びるのではなく肌内部で伸びて埋没毛を引き起こします。埋もれた状態を解消するためにえぐり出すように毛を抜こうとすれば、さらにダメージがかかるので埋没毛は悪化します。

 

埋没毛の対策は自己処理をできるだけ避けることです。ムダ毛に悩んでいて処理の必要性を感じている人は脱毛サロンや美容クリニックで脱毛をすると良いです。

 

脱毛サロンでは光脱毛、美容クリニックはレーザー脱毛が一般的で、どちらも毛を作る細胞にダメージを加えて毛を生えにくくする効果があります。施術を受けるにつれて自己処理の頻度が格段に少なくなるためツルツルの肌を手に入れながら埋没毛対策ができます。

 

ただし施術を受ける前は光やレーザーを照射する部位の毛をカミソリで剃っておく必要があります。長い毛に照射すると熱ダメージが分散して火傷のリスクを高めたり毛を作る細胞にダメージが届きにくくなったりするためです。施術前の自己処理によって埋没毛ができるのを防ぐためには保湿が効果的です。

 

自己処理をした後の肌は角質がボロボロになって潤いが逃げやすい状態なので肌はダメージを受けやすくなっています。ボディローションやボディクリームで潤いを補給しダメージを受けにくい肌にすると埋没毛が作られにくくなります。

 

また既に埋没毛ができている場合は分厚くなった角質を除去するピーリングを行います。肌が弱い人はボディ用ではなくフェイス用を選ぶと良いです。

 

ピーリング後の肌も乾燥しやすいので保湿をしっかりを行うようにします。