脱毛したら毛が濃くなってしまった...

脱毛後に毛が濃くなった!硬毛化対策

脱毛は、体毛の除去を行うことによって綺麗な肌を演出するために行います。しかし脱毛後に毛が濃くなるケースについても中にはみられます。

 

これを硬毛化といい主に産毛が黒く太い毛になったり、毛が以前には生えなかった箇所から毛が生えだしてきます。埋没毛

 

なぜ硬毛化が引き起こされるようになるのかについては現在のところ明らかにされていません。ただ、レーザー脱毛や光脱毛では弱い熱を照射しますがその弱い熱量が毛の細胞を活性化させると考えられています。

 

硬毛化は、産毛や細い毛が存在する所にしか現れないことを留意すると良いでしょう。

 

硬毛化が起きる可能性については、一般的に施術を受けた人のうち約10%にみられるというデータがあります。注意喚起などを行うことで減らせますが、それでも全体の1%未満の人にみられます。

 

では、対策法としてはどのようなものがあるのかというと一つには強い熱量で行う方法があります。これは、レーザーの弱い熱量が毛に伝わる事により毛が太くなるので、強めに当てて硬毛化を解消するという方法です。この方法は美容クリニックやエステサロンの多くの施設で行われています。

 

ほかには、弱い熱量で変わらずに施術するという方法があります。硬毛化することで以前の産毛と比べてメラニンが多い濃くて太い毛が生えたということになるためです。そのため、弱い熱量でも抜ける可能性が高いです。

 

施術をする際に専用の機械を変えるという方法もあります。機械を変えることでレーザーの波長を変えられますので、良い結果が出る場合も多くなるというわけです。

 

最も確実な方法としては、ニードル脱毛に切り替えるという方法もあります。この方法では毛の細さや色などに関係がなく、施術する事ができます。費用の面でかかることや痛みが強いという部分がデメリットですが、どうしても気になるのであれば相談してみるのも一つの方法でしょう。

 

逆に脱毛を一時お休みするという方法もあり、この場合は大体半年から一年ほどお休みして様子を見ておきます。活性化された体毛が、お休みすることで刺激が減って体毛が元の状態に戻りやすくなると考えられており体毛が薄くなった事例も多くみられています。